• ホーム
  • マネックス証券でIPOに挑もう

マネックス証券でIPOに挑もう

セミナーを参加する人たち

マネックス証券はIPOを扱っている証券会社の一つです。
そのメリットはというと、公正に抽選が行われることです。
IPOでは、まず売り出す企業が証券会社に対して割り当てます。
そして、証券会社はその顧客に対して割り当てていきます。
割り当ての方法は証券会社が自由に決めることができます。
ですから、場合によっては自己売買部門で消化することもあるでしょうし、あるいは特定のお客さんにだけ売ると言ったこともあり得ることです。
これらはとくに何か規制があるわけではなくて、証券会社がそれぞれの経営方針に基づいて行っています。
一見さんはお断りといったことを行っている可能性も否定できません。
マネックス証券の場合、抽選はコンピュータでランダムに行われます。

その際には、できるだけ多くの株主を作るように制度が作られています。
IPOの段階で多くの株主を確保することは、企業にとってのメリットが大きいからです。
マネックス証券でもこれに基づいてシステムが作られていて、マネックス証券が引き受けた単位数が希望する人よりも少なかった場合には、完全に抽選で行われます。
ですから、この場合、申し込みをして複数単位を得ることはできません。
申込単位とは関係なく、1単位だけ買うことができるか、あるいは買うことができないのかのどちらかになります。

もしも希望者が少なかった場合には、まず全員に1単位ずつ割り当てていきます。
そして、残りをさらにわけていくわけです。
抽選を行うときには補欠も決めます。
補欠になった人は、当選した人が何らかの理由でキャンセルしたときに買うことができます。
公正な抽選が行われていますから、始めて口座開設をした人でも古くから利用している人でも、同じ確率でIPOを買うことができるというメリットがあります。

人気記事一覧