• ホーム
  • IPOで初値予想をするときには96IPOを参考にして分析する

IPOで初値予想をするときには96IPOを参考にして分析する

IPOを購入するときには、いくつか重要なことがあるので覚えておくといいです。
初心者でも株式投資を始める時にとりかかりやすいのが、IPOだと言われています。
ローリスクミドルリターンが特徴的で、適切な知識をもって取り組めば利益を出すことができます。
企業が上場をするときに資金調達のために配布するのが未公開株と言われるものです。
企業が上場したタイミングでは、初値とよばれるものが発表されます。
初値は、企業の事業内容や成長見込みや過去の業績によって決まってきます。
投資家は未公開株が発行された時の株価よりも初値があがることで、利益を得ることができます。

一般的には、企業が上場した時の初値で株を売却します。
そのため、株を購入して売却するまでの一連の流れを知っておきましょう。
IPOを購入するときには、証券会社に口座を作っておきます。
証券会社はいくつもあるので、取引をする銘柄やその他の条件によって選びましょう。
IPOを注文することで、証券会社の抽選が行われます。
抽選結果によって、当選者が選ばれます。
当選したばあいには、株を購入することができるのです。

抽選に当選をするテクニックも重要ですが、初値予想をすることも大切です。
初値予想をするときには、96IPOを参考にするといいです。
96IPOには、企業の詳細な情報が記載されています。
ブックビルディングの日にちや上場するときの日付も掲載されています。
また、企業の過去の業績もあるので、96IPOのデータをもとに初値があがると予想できる企業を選択するようにします。

初値があがる企業を選択する力が身に付けば、損失を減らして、利益を大きくあげることもできます。
経験と知識をもとに企業を選びましょう。

人気記事一覧