• ホーム
  • IPOとは新規に株式を上場すること

IPOとは新規に株式を上場すること

株式のグラフ

IPOとは企業が新規の株式を、証券市場に上場することをいいます。
上場することで、その企業の株は、東証やジャスダックなどで、取引されることになります。
企業にとってのIPOとは、金融市場から資金調達が可能となり、さらに上場したことで知名度も上がり、社会的信用を高めることができるなど、かなりのメリットを生みます。

投資家にとってのメリット

上場前の株を、事前に安く手に入れられることで、利益を生む可能性があります。
上場後、人気のある銘柄の場合、公募価格よりも大きく値上がりすることがあります。
中には数十倍も騰がる銘柄もあるので、初売りで大きな利益が出ることも、珍しいことではありません。
もちろん下がることもあるが、下げは幅は限定的なので大きく下がる心配はないです。
IPOは新興企業など、まだ新しい会社が多く、これからの企業の伸びが大きく期待できます。
投資家にとってのIPOとは、大きく利益を生む可能性のある、取引だといえます。

デメリット

上場したばかりの企業の銘柄は株価の上下が激しく、長く持っていると、公募価格より下回ってしまう場合もあるので、注意が必要です。
購入するまでの手順
基準を満たし上場が認められた企業の、仮条件が決まります。
仮条件は例えば購入単位、1株1,000円~1,300円を100株という具合に条件幅が表示されます。
投資家がブックビルディングで、希望の株価と枚数を申告します。
人気の高い銘柄は、上限で決まる場合が多いので、上限を申告するほうが無難です。
最も多かった価格で、公募価格が決定します。
公募価格で応募した人の中から、抽選が行われます。
当選が決まると当選通知が来るので、公募株を購入できます。
当選か落選かは、証券会社の画面などで確認できます。
当選した場合は購入か辞退かを選びます。
申告時に必要だった資金は、抽選に外れた場合と、辞退した場合は戻ってきます。

人気記事一覧
サイト内検索